二重の悩みを解消してくれる美容外科は?

美容外科に行く人がかなり多くなっています。昔と比較をすると整形をするということに対して、それほどの抵抗がなくなったからということが大きいかもしれません。その中でも、プチ整形といって、手軽に行うことができる整形手術が出てきたということも多いでしょう。簡単に、安い価格で行える整形手術ということで、若い人の間で人気になっています。
プチ整形の中でも、美容外科の主力の施術として、二重まぶたの手術が挙げられるでしょう。二重まぶたになることで、目をぱっちりとさせることができます。このため、目力がアップして、より魅力的な顔立ちにすることができます。しかも最近では、二重まぶたの手術は、簡単に行うことができ、入院の必要もありません。ですから、二重まぶたの手術は、美容外科で提供されている施術の中でも比較的簡単に行えるということで、若い人を中心に人気があります。美容外科で提供されている二重まぶたの施術ですが、埋没法と切開法というスタイルがあります。
埋没法とは、メスを使わない手術のことを言います。特殊な髪の毛よりも細い糸を使って、二重にしていく手術のことを言います。メスを使わないので、ナチュラルに仕上げることができますし、顔に一切の傷をつけることもありません。そのため、痛みや術後の腫れも少なくすることができます。しかし一方で、しばらくすると、付くっらラインがなくなってしまって、もとの一重の状態になってしまう可能性があります。切開法ですが、まぶたの上の方を切開して脂肪やたるみを取り除き、糸で縫合をすることで、二重まぶたにしていく手術の手法のことを言います。
切開法の場合、元に戻るというリスクはほとんどありません。また埋没法と比較をすると、よりはっきりとした二重まぶたにすることができます。しかし一方で、手術後に切開をすることで、腫れが発生をして、個人によっては2週間程度腫れがひかないこともあります。二重の整形の料金ですが、比較的安いです。クリニックによって異なってきますが、埋没法ですが、2~3万円程度の価格で提供をしているところも結構あります。メスを使うため切開法の方が高い料金設定になっていて、安いところで7万円、たあくなると40万円程度かかるところもあります。口コミ情報によると、城本クリニックは人気になっているようです。20年以上の実績があり、手術後に腫れにくいということが評判になっています。