毛穴の悩みを解消してくれる美容外科は?

毛穴治療と、その効果についてどんな方法あるのでしょうか。

  1. ケミカルピーリングは、毛穴の開きと、黒ずみになっている原因の古い角質を剥ぎ取っていき、肌の新陳代謝能力を引き出してくという治療法になります。
  2. イオン導入は、肌に必要とされている成分を肌の真皮層までしっかりと染込ませる治療法。コラーゲンの再生を促していくために、たるみでできる毛穴の開きについて効果があります。
  3. レーザーフェイシャルは、顔の前面と一部にレーザー光を照射すると、肌にあるシミ、くすみ、あざ等をに効果があり、肌のはりを与え、毛穴の開きにも効果があります。
  4. IPL治療とフォトフェイシャルでは、肌のシミ、しわ、くすみ、そばかす、毛細血管拡張などの多くの肌トラブルは、光の照射をすることで効果が期待できる美容では最先端のスキンケア治療法です。たるみの毛穴の開きにも効果があります。
  5. フォトRF(オーロラ)では、今までのレーザー治療や光治療と比較すると肌真皮までRFが浸透して、しみやくすみ、コラーゲンの再生を促す治療法で、たるみで毛穴が開くのにも効果があります。
  6. 圧出・芯だしとは、レーザーでにきびの頂点に穴を明けて、にきびの芯のコメドを出す治療法。ニキビやにきび跡で毛穴の開きには効果があります。
  7. トレチノイン治療は、塗り薬のビタミンA誘導体のトレチノインを肌に塗り、古い角質が残りにくく、毛穴の開きにも効果的な肌のターンオーバーを促す治療法です。
  8. プラセンタ注射は、コラーゲンやヒアルロン酸が入っているプラセンタエキスを注射して肌に生命力を蘇らせる治療法。たるみで毛穴の開きに効果があります。
  9. ヒアルロン酸注入をして、老化による口元のシワや肌のターンオーバーの乱れで毛穴の開きニキビなどを改善する治療法です。

脱毛をしたい人の中には、レーザー脱毛のサロンをどうやって選ぶか迷っている人も多いようです。レーザー脱毛は照射をして「むだ毛」脱毛処理をするお店には、2種類あると言われています。まず、美容外科や皮膚科の医療関係者が脱毛処理をしているエステサロン。ここでは医療用のレーザー機器を使い、美容外科医や皮膚科医などがむだ毛の脱毛をしています。もう一方の方は、医療関係者ではない人が、むだ毛の脱毛をするエステサロンになります。このサロンでは医療関係者が使える厚生省認可になっている医療用レーザーを使っている脱毛処理でなないのです。医療用レーザー脱毛ではないために、低出力脱毛器になります。

要するにむだ毛脱毛をしても出力が少ないためにほとんど効果が得られないことが考えられます。確実に脱毛をしたいのであれば医療用のレーザー機器を利用している美容外科を選びましょう。レーザー脱毛サロンの選び方は、レーザーでむだ毛脱毛をするときは、医療関係者がいるエステサロンを選ぶことがよいでしょう。医療レーザー脱毛をする美容外科医や皮膚科医であればムダ毛処理も、安全ですし、脱毛効果もあり安心ができる脱毛です。